<自宅で生活するために住環境を整えたい>
今回のご依頼は廊下、トイレ、お風呂場の手すりの取り付け。依頼者様は5月末に施設を退所し、現在はご自宅で生活しています。歩行が不安定でトイレ、お風呂への移動や入浴時に不安を感じ、安心してトイレやお風呂を利用できるように住環境を整えたいとのことでした。

<トイレへの動線確保>
寝室からトイレへ移動する際掴まるところが少なく、転倒の危険がありました。
まず廊下に手すりを取り付けトイレお風呂場への動線を確保し、つぎにトイレの出入り用の縦手すり、トイレ内に立ち座り用のL字手すりを設置しました。廊下とトイレ内に手すりを設置したことでトイレへの移動やトイレでの動作が安全に行える様になりました。

【改修前 廊下】
【改修後 廊下】
【改修前 トイレドア】
【改修後 トイレドア】
【改修前 トイレ内】
【改修後 トイレ内】



<お風呂も安全に>
ご依頼者宅のお風呂場の入口には20cm以上の段差があります。まず出入り時の転倒を防止するため縦手すり、洗い場まで移動する為の横手すりを取り付けました。また浴槽内への出入りをしやすくするため浴槽付近にL字手すりと横手すりを取り付け安全に入浴してもらえるようになりました。

今回の工事でトイレ、浴室、廊下合わせて7本の手すりを取り付けました。後日ご家族にお話しを伺ったところ、「手すりを付けてもらってから安心してトイレ、お風呂を使うことが出来ている。本当に助かっています。」と言っていただきました。

【改修前 浴室入口】
【改修後 浴室入口】
【改修前 シャワー横】
【改修後 シャワー横】
【改修前 浴槽】
【改修後 浴槽】



※今回の改修費用は、手すり7本(工賃込み)で¥136,000でした。
 なお、介護保険ご利用の場合(1割負担)は¥13,600となります。