さいたま市は2018年時点で人口130万人を超える大都市で日本全国の市・政令指定都市の中で9番目です。鉄道では、新幹線やJRが多く通っていて、東京都内に30分ちょっとで着くとてもアクセスしやすい街でまた道路では国道17号線新大宮バイパスや中山道などいった大きい道路があり、また新大宮バイパスのところには首都高速が通っており、とても利便性もよく住みやすい街でもあります。

さいたま市にお住まいのお客様が当社の介護タクシーを利用した場合どのようになるのかご紹介いたします。介護タクシー利用者のほとんどの方が病院までの送迎が多いので、今回はJR武蔵浦和駅からさいたま市中央区新都心にあるさいたま赤十字病院までのルートや料金について紹介します。

お迎えのJR武蔵浦和駅は比較的乗合スペースが広い西口から乗車いたします。出発した後国道17号中山道に向けて走り、そこから北与野駅まで行き、上落合一丁目という交差点を右に曲がり、次の信号を右に曲がると左手にさいたま赤十字病院の正面に到着いたします。

今回のルートで行く場合乗車時間は26分ということで、30分以内の¥3,060となります。また往復する場合は¥6,120となります。しかし渋滞などにより30分以上超える可能性がありますのでご了承ください。

通常のタクシーでは約2440円で行けますが、お客様にお迎えにいくための回送料や時間指定などの予約料によってこれ以上の金額になることがあります。弊社の介護タクシーでは時間指定や回送料を含めても30分以内であれば3060円となるので通常のタクシーと比べて渋滞などの時間を考えると安いと思います。

車イスや足が不自由な方で規模が大きい総合病院などで視察を見てもらい方には弊社の介護タクシーでご利用はいかかでしょうか。