<転倒しないように住環境を整えたい>
今回ご依頼いただいたのは、さいたま市のK様80代男性。肺のご病気を患っているため在宅酸素療法中、下肢の筋力も低下していて歩行に不安があるとのこと。歩行は掴まりながら行っているようですが、廊下で転倒したこともあるそうです。奥様・ご長男家族と同居されていますが、日中はK様だけで過ごすこともあるので、自宅で転倒する危険を減らすために、しっかりとした手すりの取り付けをしたいというご相談でした。

<出来る限り自立した生活をしたい>

今回手すりを取り付けしたのは、玄関ポーチ・玄関の上がりかまち用・トイレ・洗面所・浴室(2カ所)の計6本です。体調の良い日は、近所を散歩するというK様。安全に外出していただくために、扉を開ける時や家の出入り用に玄関ポーチ(写真①)、玄関の段差を昇り降りする時や靴を履いた後に立ち上がる時に使用するあがりかまち用の手すり(写真②)を取り付けました。

<①玄関ポーチ 工事前>
<①玄関ポーチ 工事後>
<②玄関上がりかまち工事前>
<②玄関上がりかまち工事後>

 

 

 

 

 

 

 

 













次はトイレの手すり(写真③)です。入口の段差が15cmあるので、バランスを崩しやすく、転倒の危険がありました。また便器の近くに掴まるところがなく、立ち座りが困難だったため、トイレの出入りから便器への移動、便器からの立ち上がりをサポートできるL字型の手すりを取り付けました。

<③トイレ 工事前>
<③トイレ 工事後>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にお風呂場です。まずお風呂への出入りのため洗面所に縦手すり(写真④)を取り付けました。

<④浴室出入り口 工事前>
<④浴室出入り口 工事後>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に浴槽への出入りのために横手すり(写真⑤)を1本。浴槽から立ち上がる時に使用する横手すり(写真⑥)を取り付けました。

<⑤浴槽入口 工事前>
<⑤浴槽入口 工事後>
<⑥浴槽横 工事前>
<⑥浴槽横 工事後>

 

 

 

 

 

 

 

 

 











住宅改修(用具の取り付け)は基本的に定期点検など行っておりませんが、お客様のご要望があれば、お話しをうかがって状況を確認する対応をさせていただくことも可能です。
ご家族に負担をかけることなく、日常を安全に送りたいというお客様の願いに寄り添った対応を私達セイリョウは心掛けております。

※計6本の手すり取り付け料金・・・約1万2千円(介護保険ご利用)
今回の取り付け作業にかかった所要時間は約3時間です(取り付ける場所や用具の種類によって異なります)。