「介護タクシーとは」

 

近年、日本社会で深刻な問題となっているのが「介護」です。日本の終戦後の高度成長期に目覚しい復興を遂げて、「一億総中流」と言われるほどの社会を作り上げましたが、人口構成が少子高齢化するにともなって、高齢者に対する社会的整備を緊急の課題として捉えなければならない状況が生じています。

 

このような高齢者が増加した状況を反映した一つの言葉として、バリアフリー(ユニバーサルデザイン)という言葉がさかんに使われています。つまり、高齢者や身体障害者でも健常者と変わらずに移動ができ、社会生活を営むことができる状態を意味する言葉です。

 

バリアフリー(ユニバーサルデザイン)は、家屋内や公共施設などで取り入れられる際に、この概念が生かされるようになったのです。つまり、その流れがタクシー業務にもバリアフリーが取り入れられ、高齢者や身体障害者の方で移動に制約のある人々でも、利用することのできる形態の輸送サービスとして開始されたのです。介護タクシーは、基本的には健常者の方は利用が出来ないルールとはなっていますので、一般のタクシーのご利用になります。

 

車の形状は、バン型の乗用車に動力リフト(車いす昇降機)をつけて、車いすや寝台のまま乗降でき、そのまま目的地まで輸送ができる設備を備えた車両による搬送サービスが、介護タクシーのベースになります。

 

「付添の人はどうなるのか」

 

車いすや移動用ベッドで移動する時は、当然のことながら、ヘルパーさん(介護者のお世話をする仕事の方)や看護師、家族などの誰かが付き添い同乗する事ができます。また、介護タクシーに一緒に同乗出来ない場合でも、出発地と到着地の対応をして頂く事で、利用者様お一人での同乗も可能になります。

また、家族と一緒に行楽に出かける等の場面にも、便利な移動手段となるのです。

 

「介護タクシーの主な用途」

・病院への通院・入院

http://www.seiryou-senders.com/example/534.html

 

・介護施設への送迎

http://www.seiryou-senders.com/example/655.html

 

・車いすなどの運搬

http://www.seiryou-senders.com/fukushi

 

・空港や駅への送迎

http://www.seiryou-senders.com/kaigotaxi

 

・買い物や役所・銀行などへの行き来

http://www.seiryou-senders.com/example/554.html

 

・家族や友人との旅行

http://www.seiryou-senders.com/kaigotaxi