安全に玄関まで移動したい

今回のご相談は「屋外の飛び石につまずき、転倒の危険があるのでどうにかならないか」というものでした。ご依頼者は戸田市N様、以前介護保険を利用して弊社で手すりの取付けを行なったお客様でした。前回の工事で介護保険の補助分(20万円)を使っていましたので今回は自費での工事となりました。N様のお宅は門から玄関までの距離が長く段差(以前住宅改修で手すり設置済み)や飛び石(今回のご相談)があります。脊柱管狭窄症の影響で腰痛があるため歩行が不安定になっているN様には玄関までいくのが大変な様子でした。そこで飛び石を無くし、コンクリ―トで平面な道を作ることを提案させていただきました。

 

今回の工事はコンクリートを使う為、2日間作業時間をいただきました。まず1日目は、飛び石の撤去とコンクリートを流す為の枠の設置です。作業は順調に進み1日目はコンクリートを半分流すところまでおこないました。2日目は前日におこなった作業を確認し、問題がないか確認してからスタート。確認が終わってから残りのコンクリートを流しました。コンクリートが乾いたところから枠を外し、工事完了です。飛び石の道をコンクリート舗装することでつまずく危険がなくなり、安全に外出ができるようになりました。

 

工事期間:2日

工事費用:230100円(幅 約800mm 厚さ 約50mm 長さ 約4000mm)

注:コンクリートが乾くには時間がかかる(天候等による)為、工事中は玄関が使えず(工事する場所による)玄関以外からお宅に出入りしていただく可能性があります。またコンクリートの渇き具合によっては枠の取外し、機材の回収が別日になる可能性があります。