羽田空港に到着する飛行機からストレッチャー(利用者様を寝かせたまま運ぶ車輪のついたベッド)を利用して、千葉県柏市にある病院までの送迎のご依頼を、利用日の二週間ほど前にいただきました。

弊社の事務員がお電話で、その他に羽田空港到着時間や便名、必要な車の装備(今回はストレッチャー)や、お荷物の量などを確認させていただきました。ご利用者様は、ストレッチャーに乗られるご高齢の方と、同乗者はその娘さんご夫婦と、そのお子さんの3人で、皆さんが飛行機から降りて来る形での待ち合わせとなりました。飛行機を降り、空港が用意した車イスに乗って、ドライバーと連絡を取りながら、到着ロビー階の長い車寄せの中央付近にある[身障者用乗降場]を目指して来ていただきました。

車イスからストレッチャーへの移乗には、ご家族の方にお手伝いいただいて行いました。スーツケースを2つ、ボストンバック2つを乗せ、ストレッチャーの横に縦方向に3人座っていただき、一路柏の病院へと向かいました。

ちょうどお昼過ぎの時間であったため、飛行機を降りて昼食を取る時間も無く、介護タクシーにお乗りくださいましたので、車の中で昼食を取っていただきながら、1時間10分ほどで病院に到着しました。

病院の入口で検温チェックとアルコール消毒を行い、ロビーまで入ってストレッチャーから降りていただく予定でしたが、病院側がストレッチャーのまま診察室へ向かう感じだったので、タクシーの待機時間が加算されてしまうことをお客様へ伝えました。すると、看護師さんが車イスを持って来られて移乗を行って、診察室へと向かい、待機料金加算は発生せずに済みました。

当介護タクシーの料金は時間制で、車に乗るところから、降りるまでの時間で、30分刻みに3,000円になります。今回は1時間30分でしたので、3,000円×3=9,000円で、ストレッチャー使用料6,000円を合わせて15,000円。その消費税が1,500円、高速道路料金が1,840円で、合わせて18,340円になりました。お電話でお伝えしていたそのままの料金で済みました。

今回、インターネットのホームページの中のお問い合わせフォームから、ご利用日の二週間ほど前にご連絡をいただきました。メールでのやり取りのほか、直接お電話でもご説明させていただきました。その際に、時間制なので必要な料金をご提示出来たこと、ストレッチャーのご用意が出来たことが決め手となったと思われます。タクシーに乗る際に、かかる料金が前もってわかると安心されるお客様は多いのではないでしょうか。

また、高速道路を利用すると高速料金がかかりますが、時間が短縮されて、距離があるほど割安になります。その辺りが当社時間制の大きなメリットでもあります。

さらに、普通のタクシーなら空港に向かう迎車料金や迎車のための高速料金、事務所へ戻るための高速料金などが加算されたりします。当社介護タクシーは、この回送における費用につきましては一切いただいておりません。

 

今回は羽田空港から千葉県柏市の病院までの送迎と、ストレッチャーのご利用をいただきました。当日は日差しが強く、昼過ぎの気温は35度近い状況でしたが、クーラーの効いた車内で安全に快適にお送りすることが出来ました。

今回もドライバーは、お客様から『ありがとう』を言っていただけるのは、本当に有難い、嬉しいと、やりがいを感じています。

介護タクシーは、車イス生活の方や、寝たきりの方を、そのまま目的地までお連れする手段として存在します。車イスの利用者さんが1名または2名、あるいはストレッチャー1名のとき、同乗者が最大5人までであれば、当社介護タクシーを利用していただくと割安感があり、さらに、遠くまで高速道路などで行くと大変割安になります。

これからも、㈱セイリョウは「親切・丁寧・思いやりの心」をモットーに、お客様にサービスを提供させていただきます。