先日、引っ越しの手続きに介護タクシーで市役所に行かれた方からのお電話で、今回はショッピングモールまでお願いしますとのご連絡をいただきました。
日にちと出発時間をお聞きし、市役所の時と同じように、お帰りの際にお電話をいただき、お迎えにあがる約束をしました。料金は、30分以内片道ずつで、3,300+3,300=6,600円になりました。
ご指定のショピングモールの駐車場に入り、建物の玄関に車を付けて降ろした後、建物の中へと入って行かれました。
お帰りの時間前に電話を頂きまして、直ぐに降ろした場所まで向かい、御自宅までお送りいたしました。

セイリョウでは、
お買い物代行
  お客様に代わってご指定のお店まで行って、お買い物をして戻る。
お買い物同行
  ご指定のお店に一緒に行き、店内を一緒に廻ってお買い物をして戻る。
などのお引き受けを致しておりますが、今回は付き添い者が同行しての買い物で、行き帰りの足として介護タクシーをご利用いただきました。

ショッピングセンターの始まりは、1964年に試験店として、大阪の豊中に出来たダイエー庄内店と言われています。その後、車社会とともに郊外にショッピングモールが全国に広まって行きました。

ショッピングセンターの利点
1. コロナ対策も、しっかりと行っています。
 ショッピングモールの入口や、各店舗ごとにアルコール消毒液が置いて
 あり、スマホを使った検温やレーザー体温計で計るなどしていたり、
 また、レジに並ぶ列を密集しないような配慮であったり、施設自体の
 空調をフルに生かして換気を行っているなど、対策がしっかり行われ
 ていて、安心感が感じられます。
2. 家族といろいろな店を巡ると、ひとり一人の好みや欲しい物がわかる。
 いろいろなブランドの洋服屋さんがあったり、スポーツ用品もブランド
 ごとにお店があったりと、見て廻るのが大変ですが、家族ひとり一人の
 好みや、今欲しいと思っているものが分かったりして、ご家族間での
 会話も増え、楽しい時間が過ごせます。
3. 食べたい物を食べることが出来る。
 フードコートではジャンルの違う食べ物が選べるため、相手に合わせる
 必要も無く、自分が今食べたいジャンルの好きなものを食べられます。
 また、相手と分け合えば、色々な味を楽しむことが出来ます。
4. 疲れたら休める。
 ショッピング中に疲れたら、あちらこちらに椅子が用意されていたり、
 カフェなども多くあり、休憩が簡単に出来ます。
5. 遊ぶ場所がある。
 映画館やゲームセンター、本屋さんや雑貨店など、遊べる場所がいくつ
 もあって、一日いても飽きずに過ごすことも出来ます。
6. 少し遠くのショッピングモールを訪れる楽しみ!
 住んでいる場所から離れた町のショッピングモールには、その土地の
 産物や食べ物があって楽しめます。また、同じお店でも違う商品が
 陳列されていたり、欲しかった色の商品を発見したり、モール自体も
 全く違う雰囲気があるので、新鮮な気持ちで楽しむことが出来ます。

子供連れの家族にとっても、雨の心配も無く過ごせるのも大きなメリットです。ショッピングセンターも身近なところに増え、さらに巨大化しているようなところもあります。
まだまだ進化して、テーマパークのような、あるいはテーマパークと複合した、巨大都市化を目指しているのかも知れません。