朝霞市内のお客様で急遽病院まで行きたいけど介護タクシーで使うといくらぐらいなのか紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは朝霞市内で規模が大きい医療法人社団武蔵野会TMGあさか医大病院のイラスト療センターまでの利用例について紹介します。弊社の介護タクシーで利用する場合、朝霞駅からは約9分、和光駅からは約12分、西浦和駅からは約20分で到着するので料金は片道で3060円となります。

TMGあさか医療センターは1977年(昭和52年)に開院し、今年で42年目になります。最新の医療機器も完備していて緊急時でも24時間対応が出来る病院です。また日本医療機能評価機構認定や埼玉県がん診療に指定を受けている病院でもあるので、設備などがとても充実しております。

また住民の健康を守るだけではなく災害時の拠点にもなります。それに伴い前の朝避難所生活のイラスト(笑顔)霞台中央総合病院からTMGあさか医療センターと名称を変える際に今のところに移転しながら、近くに川が流れていて洪水などの水害の対策として5m嵩上げをしたり、首都直下地震に備えて免震構造など耐震性が強くするなどの災害時でも病院としても機能をしながら避難場所として利用することが出来ます。

もし、病院に行きたいけど1人では難しく、ご家族も仕事とかで忙しい、普通のタクシーでも利用が出来ない場合もあります。そういう方でいましたら弊社の介護タクシーで病院までの送迎はいかがでしょうか。