【さいたま市学校教育部の管轄地区】

浦和区、中央区、大宮区、南区、桜区、西区、北区、岩槻区、見沼区、緑区


今年の夏は、コロナウイルスの影響で、多くの予定がご破算になりました。
国はGo toトラベルを継続したまま、感染者数が日々増えても第二波とは言わず、重症者が少なく医療崩壊に繋がらないから大丈夫とした見解を示しています。
そんな中、東京都知事は夏休み直前になって、Go to トラベルから東京を外させ、お盆の直前になって帰省を控えて・・・と言いました。しかし、この発言は一般人にとっては、“やっぱりね”とする納得いく対応であったと思いますが、国と知事さんたちのコロナに対する意識の差があって、今後どうしようとしているのか不明瞭すぎて、国民が振り回されている感があります。

“それじゃあ・・・これから秋はどうすればいいの”

埼玉県知事は、
•高齢者や基礎疾患のある方の都内への不要不急の外出自粛
•都内への観光は自粛、旅行や観光は近場や県内へ
•都内での夜の繁華街への外出の自粛
•都内での大人数での会食、飲み会の自粛

結局《仕事以外で都内に行かない。旅行や観光は県内》を強調しています。

2019年の都道府県別の魅力度調査では41位です。この結果は、埼玉の住人が埼玉を知らないことが、順位に表れていると言っても過言ではありません。ならば、地元埼玉県をもっと知ろう!!

各地のB級グルメや名物を、コロナ感染防止をしっかりした上で、ご家族や友人と巡ってみたら楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。
ご自身の眼で見て、匂いと食感、そして味覚によって、その美味しさと埼玉を実感してみてください。

車椅子生活の方がいらっしゃるご家庭の皆様を、介護タクシーなら、車椅子ご利用の方が2名まで、ご家族ご友人5名までの最大7名様が、一台に乗って行くことができます。
料金は30分毎に3300円(税込)ですが、ご利用方法にもよりますのでご相談下さい。

== 代表的なご当地グルメ ==

B級グルメ・名物

特   徴

浦和 氷川だんご

新店舗がオープンしたばかり。店舗も大きくなって駐車場もあり、バリアフリーも対応。

名物は何といっても「磯辺焼きだんご・梅茶付」。

浦和 うなぎ

埼玉県でうなぎと言えば浦和で、江戸時代からの老舗も数多くあり、焼き具合や秘伝のタレで勝負。
大宮ナポリタン

さいたま市は区ごとに色を決めていて、大宮区はオレンジ色に決まりました。大宮アルディージャのチームカラー、氷川神社の鳥居もオレンジ色で、オレンジ色から連想される食べ物として “大宮ナポリタン” が誕生。
岩槻 豆腐ラーメン

「レストラン大手門」が賄いとして作った豆腐ラーメンがメニューに載り、地元で評判になった。絹ごし豆腐とひき肉のあんかけで、見た目は麻婆豆腐が掛かっているようだけど辛くない。
岩槻

ねぎの塩焼きそば

岩槻ねぎは埼玉特産でやわらかい。塩で焼くことで甘さを引き出し、脇役から主役に踊り出て、各店独自のタレを用いて焼く、焼きそば。